魚の目の治療方法Top >  魚の目の受診 >  魚の目は皮膚科で受診

スポンサードリンク

魚の目は皮膚科で受診

意外に多くの人が足の裏の魚の目タコにわずらわされています。
これらを治すために病院に行く人は相当数いるようです。

魚の目があるからといって命を落とすようなことにはなりませんが、厄介な存在には違いありません。


具体的には何を魚の目といい、どういう症状が出るのでしょうか。

魚の目とは別名を鶏眼ともいい、摩擦や圧迫などの刺激により皮膚の角化が進んだ状態をいいます。
病変した部分の中心には、半透明の硬い目が確認できます。
痛みは、この目の部分が感覚神経を刺激しているためです。

魚の目ができやすいのは体重が集中してかかる足の前のほうです。
痛みが強いと歩けなくなってしまいます。

魚の目の治療は皮膚科で受けられますので、歩行に困難なほど痛い場合は迷わず専門の医師に診てもらってください。
皮膚科では魚の目の治療だけではなく靴の選び方などのアドバイスもしてくれるところもあります。
足に合っていない靴は魚の目のひとつの原因となるからです。
靴の他にも、足の形や生活習慣なども魚の目の原因があるので、皮膚科の指導を受けた方がいいこともあります。

魚の目ができても放置したり、やすりやカッターなどで削って自己処置で済ませようとする人もいますが、それで症状が酷くなることもあります。
面倒に感じるかもしれませんが、魚の目を見つけたら皮膚科に行ってみてもらいましょう。

人気商品

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35720

魚の目の治療方法Top >  魚の目の受診 >  魚の目は皮膚科で受診

お気に入りに追加

カテゴリー

更新履歴