TOP >  豆乳ダイエットについて

スポンサードリンク

豆乳ダイエットの具体的な方法

豆乳ダイエットに用いる方法はいくつかありますが、食前に一定量の豆乳を飲む方法が手軽です。

豆乳を飲んでダイエット効果を得るには、ご飯を食べる30分前が一番いいでしょう。
事前に豆乳を飲んでおくことで満腹感を得て、摂取カロリーを減らすことができます。


飲むものは無調整豆乳がいいでしょう。
調整豆乳や豆乳飲料よりずっと大豆成分が濃く、ダイエットに効果があります。
この方法なら、よくあるダイエットのような食事制限や断食はありません。
3度3度の食事の前に豆乳を飲むという、誰でも手軽にできるダイエット方法です。
冬場には暖かい豆乳を飲んでもいいですし、冷たいまま豆乳を飲むのも簡単です。

また、バナナと一緒にミキサーにかけ、好みでレモン汁などを加えると美味しい豆乳バナナになります。
豆乳バナナには、トッピングを加えて色々と味を変化させることができます。
市販のプロテインを加えてもいいですし、健康ジュースやすりごま、きなこでもOKです。
豆乳バナナを作る時、ゆでた小松菜やにんじんを足すことで栄養価倍増の豆乳野菜ジュースにもなります。

ダイエットをしている時はどうしても野菜が足りなくなりがちなので、こまめに補っておきましょう。
レンジで温かくした豆乳を紅茶に注ぎ、おろしショウガを加える豆乳ティーも豆乳ドリンクとしていいでしょう。
飽きが来る前にバリエーションを変えて飲めば気分も変わります。
代謝を上げることはダイエットで大事ですから、ショウガはダイエットに適した食材といえます。


豆乳の飲み方は様々なものがあり、アレンジの方法も実にたくさんあります。
豆乳ダイエットを長く続けるためにも、インターネットや書籍などで豆乳ドリンクのバリエーションを広げてみましょう。

関連エントリー

豆乳の栄養素とダイエット効果   豆乳ダイエットの具体的な方法   豆乳の種類とダイエット効果  

スポンサードリンク