TOP >  豆乳ダイエットについて

スポンサードリンク

豆乳の種類とダイエット効果

メディアやインターネットで、豆乳を使ったダイエットが盛んに取り上げられています。
豆乳を飲むというダイエットとは、一体どのように行うものなのでしょう。


豆乳の材料は大豆です。
大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめて濾すと豆乳ができ、これが豆腐の材料となります。
豆乳の材料となる大豆は「畑のお肉」と呼ばれるほど栄養が凝縮されており、低カロリーでコレステロールゼロのダイエット向きの優良食品です。


豆乳は幾つかのタイプが市販されています。
無調整豆乳は、添加物や甘味料を一切使用していないそのままの豆乳です。
調整豆乳は、豆乳に糖類や香料を加え、口当たりをよくしてあります。
3つめは豆乳飲料で果汁などが加えられていて、濃度は無調整豆乳の半分ほどです。

体重を減らすために豆乳を飲む時は、糖分の少ない豆乳がおすすめです。
大豆が原料である豆乳には大豆たんぱく質が豊富に含まれていますが、これは体内で大豆ベプチドになります。
腸管の神経を刺激し、代謝を促進することが大豆ペプチドには期待できます。

しばしばダイエットに豆乳が勧められるのは、豆乳によって交感神経が働き代謝が高まって脂肪が燃えやすくなるからです。
また、豆乳に含まれる大豆サポニンは脂肪消化酵素に作用してコレステロールの吸収を抑えて分解する働きがあり、中性脂肪を減少させる効果、またお肌の老化防止などにも効果的に働くといわれています。

体脂肪になりにくく基礎代謝を高めることが期待できる豆乳の性質を効果的に用いてダイエットをすることで、健康にも美容にもいいダイエットができます。

関連エントリー

豆乳ダイエットの具体的な方法   豆乳の種類とダイエット効果  

スポンサードリンク