多汗症に関してTop >  ボトックスの危険性 >  ボトックスによる多汗症治療の危険性

スポンサードリンク

ボトックスによる多汗症治療の危険性

抗菌剤パーキンソン病、精神安定剤、筋肉をゆるめる薬などは、何らかの問題が発生する要因となるため、ボトックスによる多汗症治療を行った3〜4ヶ月以内は使えません。

この他、胎児がいる時はボトックスの安全性がはっきりしていません。

治療後に異常が見受けられた場合は、早めにクリニックに見てもらいます。


ボトックスによる多汗症の治療後に注射部分をこすったり、圧迫することはトラブルの原因になります。
ボトックスは、粉末状態のものを生理食塩水で希釈してから注射を行います。
施術部位を強く押さえると、液体のボトックスが分散して、多汗症の治療目的としている筋肉と違う部分まで効果が出るかもしれません。

人体の動作に関わる筋肉部分と、ボトックスが作用する汗腺は位置する深さが異なります。
身体を動かす筋肉は多汗症治療の部位と違うため、運動の筋肉に支障は出ません。

多少時間がかかっても、納得のできるクリニックを探して手術を受けましょう。
ボトックスは正しく使われていれば問題のない薬品です。

安い製剤を求めるならば、イプセン社のディスポートがあります。
しかし、アラガン社のボトックスの5倍は注入しないと同等の効果が現れないようです。

良心的なクリニックなら問題はないのですが、ところによっては古いボトックスの使い回しや、過剰に希釈したボトックスを使うところもあるので要注意です。

関連エントリー

多汗症に関してTop >  ボトックスの危険性 >  ボトックスによる多汗症治療の危険性