多汗症に関してTop >  多汗症対策 >  多汗症をボトックスでブロックする

スポンサードリンク

多汗症をボトックスでブロックする

多汗症をブロックするためのボトックスの働きは永続的なものではありません。
大体半年から10ヶ月で効果がなくなります。
永続効果を期待せず、最初からそのつもりで注射を受けるべきでしょう。
効果が薄れてきたらボトックス注射を再注射するなどで対処します。

注射の周期については、完全にボトックスの効果がなくなってからではなく、その少し前のタイミングで再び注射をした方が多汗症の対策になると、アラガン社(ボトックスの製造メーカー)は説明をしています。

ボトックス注射を続けたところ汗腺が小さくなるというケースも存在します。
この場合は半年おきで続けていたようです。

極細針を使って、皮下にボトックスを注入します。
一度の注射で1〜2センチに拡散するので、1センチ〜2センチの間隔をあけて50箇所ほど注射をし、多汗症をブロックします。
痛みの感じ方は個人差や施術側の技術によって異なります。
ごく軽い痛みだったというケースや、ものすごく痛みがあったというケースもあります。
多汗症対策に有効性が高いとして、ボトックス注射は広く用いられています。
切開はいりませんし、他の場所から発汗するような代償性発汗もありません。

保険が効かないこと、継続が必要にもかかわらずボトックスが高価であることがネックです。
一回の注入につき10万〜15万がかかりますから、ボトックスによる多汗症治療を継続するにはある程度の出費を覚悟しなければなりません。

関連エントリー

多汗症に関してTop >  多汗症対策 >  多汗症をボトックスでブロックする