多汗症に関してTop >  多汗症手術 >  脇の多汗症手術にはボトックス注射

スポンサードリンク

脇の多汗症手術にはボトックス注射

多汗症対策として、手術によって原因を取り除くというやり方もあります。


あくまでも最終手段ですが、ボトックスを注射することによって多汗症の対策を行うという方法もあります。

本当に脇の多汗症手術をする必要があるのか。施術を受ける前に、どのようにしてボトックス注射が多汗症を抑えているのか、費用や効果期間について等のカウンセリングを受けて決断したいものです。

ボトックス注射を受けることで、脇の多汗症を抑えることができます。
ボトックスの働きによって神経伝達の一部をブロックします。
これにより交感神経からの発汗作用が抑制されます。
脇の下の数箇所に注射するだけですので、10〜20分程度で終わります。

ボトックス注射のメリットとしては、手軽にできる、治療痕がほとんど残らない、手術後の痛みがほとんどない、治療時間が短いということです。
しかし、ボトックス注射にも欠点が全くないわけではありません。
永続的な効果を得ることができない点が、ボトックス注射のデメリットです。
個人差はありますが、大体数ヶ月程度となります。

アメリカの安全基準は世界でも厳しい基準で知られていますか、その基準で安全と認められているボトックスはとても安全性の高い薬品であるということができます。

ボトックス注射を行うかどうかは自分自身でどの程度、脇の多汗症の治療をしたいか考慮して決めることが大事です。

関連エントリー

多汗症に関してTop >  多汗症手術 >  脇の多汗症手術にはボトックス注射