多汗症に関してTop >  多汗症の原因 >  脇の多汗症になる原因

スポンサードリンク

脇の多汗症になる原因

脇の多汗症という症状が出てしまう原因は一体なんなのでしょうか。


精神的発汗は、脇の多汗症の原因として真っ先に考えられるものです。

過度の緊張やストレスからの発汗作用です。
脇の多汗症は、精神的発汗の中でも限定されたから過剰に汗が出る、いわゆる局所性多汗症の一種です。
手のひらや足の裏、顔面などの場合もあります。
人間は不安を感じたりすると自分では制御することのできない交感神経の働きが強くなり、汗腺の動きが活発になり汗をかきやすくなるのです。
神経質な人や緊張しやすい人、几帳面なところがある人などは精神的発汗によって汗をかきやすいと言われています。

ホルモンバランスが崩れることによって多汗症になり、多量に発汗することもあります。
自律神経は汗腺を司っていますが、ホルモンの影響を大きく受けている部分といえます。
ホルモンの乱れによって自律神経の働きが乱れ、体温調整機能の失調によって多汗症が引き起こされることがあります。
脇の多汗症の原因としてホルモンバランスの乱れが考えられた場合、ホルモンバランスは更年期障害などの女性ホルモン減少によって乱れているのかもしれません。

食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。
タバコに含まれるニコチンやコーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激する物質が含まれているためこれらを摂取しすぎると汗をかきやすくなります。

これらの脇の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなるでしょう。

関連エントリー

多汗症に関してTop >  多汗症の原因 >  脇の多汗症になる原因