TOP >  目の下のたるみ

スポンサードリンク

クリニックでの目の下のたるみ取り

どうしても目の下たるみを取り除きたい場合、目の下のたるみを美容クリニックなどで手術を受けてなくすことができるようです。

目の下のたるみを取る方法はその内容を確かめて自分に合ったものを選ぶことが大切です。
方法はいくつかあってクリニックごとに差が大きいものだからです。

目の下のたるみが皮膚のたるみではなく脂肪によるものである場合、皮膚を切開してたるみ部分の脂肪を除去する方法を用います。
まつげの生え際や目の裏の結膜部分などが切開する部位になります。
脂肪の位置によっては目じりや目頭など傷跡のわかりにくい部分から切開することもあります。

脂肪を除去するのと同時に目の下のたるんだ皮膚を切開するということも可能です。
数ミリまつげの生え際を切開し、目の下の脂肪と下まぶたの皮膚を一部取り除きます。
下まぶたは上まぶたより重力の影響を受けやすい部位なので、まぶたがダラッと垂れ下がらないよう筋肉を一部固定するなどの施術を行います。

これら2つはどちらも目の下のたるみを取る方法のなかでも、目の下の脂肪を除去してたるみを取るというやり方になっています。

脂肪を除去すると症状や状態によっては目の下全体がへこみ、逆に老けた印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

そういう場合に適しているのが目の下の脂肪のたるみ部分からへこんでいる部分に移動させる方法で、ハムラ法と呼ばれるものです。
糸で縫いつけて移動した目の周りの脂肪組織は、固定していくという目の下のたるみを取る方法です。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/59066

関連エントリー

目の下のたるみ対策ケア   クリニックでの目の下のたるみ取り