TOP >  注射でシワ取り

スポンサードリンク

注射によるシワ取り

シワ取りに有効な薬液を注射によって注入することでシワを取る方法もあります。

注射によるシワ取りの主な注入物はコラーゲンやヒアルロン酸です。

薬液を皮溝というシワの下に注射し、下から盛り上げるようにしてシワをなくします。
大体20分程度で手術自体は終わりますし、皮膚に注射針を刺すわけですがごく細い針を冷やした皮膚に当てるので傷みはほとんどありません。

注入したコラーゲンはいずれ皮膚に吸収されてなくなってしまうので定期的な注入が必要になります。
子牛由来のコラーゲンをシワ取りに用いている美容外科が大多数です。
アレルギーが出る恐れがありますので、手術前にアレルギー検査が必要です。
検査にかかる期間は約1ヶ月です。

目の下の小じわ、鼻の両脇にできる線などのシワ取り手術として、シワ部分の下の皮膚にヒアルロン酸を注入する方法が広く使われています。

人体にはヒアルロン酸が元来含まれており、真皮の下から皮膚を押し上げて、シワを消す役目を担っています。
ですが、ヒアルロン酸注入によるシワ消し効果は約1年程度です。
体内に注入されたヒアルロン酸は分解吸収され、なくなってしまうのです。

シワ取りには、神経と筋肉の働きに作用してシワを消すというボトックス注入法があります。
額や眉間のシワに使用します。
シワ取り効果を高めたいならば、ボトックスとヒアルロン酸をあわせて用いる方法がいいでしょう。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35706

関連エントリー

ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法   注射によるシワ取り