TOP >  シワ取りの仕組み

スポンサードリンク

シワ取りの仕組み

シワ加齢と共にどうしても増加します。

シワはなぜできてしまうのか、また、シワを取り除くためにはどうすればいいのでしょうか。


シワは人生の年輪とも言われていますが、皮膚の真皮層にあるコラーゲンが年齢と共に破壊されることでできます。
コラーゲンが多く含まれる真皮層は弾力がある層になっていますが、この層が破壊されると皮膚の表面が波打ったような状態になります。

一方、皮膚の表面には凹凸がありますが、細く凹んだ部分は皮溝と呼ばれ、皮膚表面を編目のように走っています。
真皮層が壊れて波打つと皮溝が深くなりシワになりますが、シワ取りはこの皮溝を浅くすることになります。

皮膚は、筋肉が運動するのに従って収縮します。シワ取りで最も取りたい部分、目や口の周りのシワは顔の表情筋によってできるものです。
普段はシワのない人でも、笑ったときには目尻・口元のシワがでます。


年齢を重ねるにつれ、表情筋に力を込めていないときにもそうしたシワが残ります。
シワ取りによって取ってしまいたいシワの最上位にくるものですが、表情が豊かであるほどできやすく、笑顔が多いほど横方向にシワができます。

シワを作りたくないからと表情を変えない生活をしていては面白くありませんし、シワ取りは適度にしつつも多少の表情ジワは受け入れるつもりで笑顔の日々を送った方が、毎日は充実するのではないでしょうか。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35704

関連エントリー

シワ取りの仕組み