洗顔の正しい方法Top >  洗顔石鹸について >  洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて

洗顔トライアルキット【LEVATI(レバティ)】【LEVATI】洗顔トライアルキット【LEVATI(レバ...
1,050円
〜素肌美のはじまりは、上質なレバティ洗顔から〜

Ads by 電脳卸

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて

顔を洗う時には、洗顔石鹸もしくは洗顔フォームを使います。

洗顔石鹸と洗顔フォームを比較した場合、肌に優しいのはどちらだと思いますか。肌にやさしいのは、洗顔石鹸の方です。よく、洗顔石鹸で顔を洗うとつっぱるからと洗顔フォームを選ぶ方がいらっしゃいます。
洗顔フォームなら低刺激だと思っているならば、考えを改める必要があります。確かに洗顔フォームは保存しやすく泡立ちやすいという利点がありますが、肌に対するメリットは洗顔石鹸の方が断然上なのです。

そもそも洗顔石鹸と洗顔フォームは、根本的に異なるものだということをご存知でしょうか。
脂肪酸ナトリウムならびに脂肪酸カリウムから作られているものを石鹸と呼びます。合成界面活性剤が含有されているのが洗顔フォームで、そのために肌へ負荷がかかります。合成界面活性剤は油分や水分を混ざりやすくするために使われています。
しかし、洗顔フォームの合成界面活性剤には原材料に石油が用いられています。安く手に入る物質なので商品コストは下がりますが、皮膚や環境にはいいものではありません。
材料に植物油脂が含まれている自然派商品であることが売りの品物もありますが、合成界面活性剤が入っていては意味がありません。

洗顔せっけんが肌に対して負荷が少ないのは、界面活性剤としてオリーブや花から取れる自然資源だけを使っている場合が多いためです。ですから敏感肌の方はぜひこの機会に洗顔石鹸をお試しください。
また美白にこだわる方にも洗顔フォームよりも洗顔石鹸がオススメです。

人気商品

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/59098

洗顔の正しい方法Top >  洗顔石鹸について >  洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて

お気に入りに追加