洗顔の正しい方法Top >  洗顔料の選び方 >  洗顔料の選び方

洗顔トライアルキット【LEVATI(レバティ)】【LEVATI】洗顔トライアルキット【LEVATI(レバ...
1,050円
〜素肌美のはじまりは、上質なレバティ洗顔から〜

Ads by 電脳卸

洗顔料の選び方

洗顔で大切なことは、その法方でもありますが、その前に自分に合う洗顔料を決めることでもあります。

洗顔料をきちんと選ぶことによって、洗顔法も決まってきます。


洗顔料のCMでは弱酸性の優しい洗い上がりを宣伝するものが目立ちます。
肌への負担が少しでも軽くなるように、私たちの皮膚の表面と同じ弱酸性である成分を使っているのです。

けれど弱酸性の洗顔料であっても、それを洗い流すのに使う水道水はというと、中性なのです。
方法のいかんに関わらず、洗顔が終了した時点では、いつも肌は中性なのです。


人間の肌にはアルカリ中和能力があり、一時的に肌が中性やアルカリ性になってもほどなく弱酸性に戻ります。
洗顔が終われば化粧水を使うと思いますが、その化粧水は弱アルカリ性なので、その時点で肌は弱酸性に戻ります。

弱酸性であればとにかく大丈夫かというとそういうわけでもなく、どういう洗顔法であろうと、それほど弱酸性にこだわって洗顔料を選ぶ必要はありません。


洗顔料を選ぶ際に大切なのは、自分の肌質に合ったものを探すことで、酸性かアルカリ性かは特に気にする必要はありません。
肌の性質が脂性肌か、乾燥肌か、混合肌かによって合う洗顔料は違います。

しかししっとりタイプの洗顔料といっても油分もしくは保湿剤が含まれているかの違いで、適度な油分は肌にも良いものの、それが多すぎるとかえって乾燥を招くことになるので気をつけなければなりません。

人気商品

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35699

洗顔の正しい方法Top >  洗顔料の選び方 >  洗顔料の選び方

お気に入りに追加