TOP >  コレステロールとサプリメント

スポンサードリンク

コレステロールのサプリメントの種類

 コレステロールに影響のあるサプリメントには様々なものがありますが、DHAサプリメントもコレステロールに関係している成分です。魚介類に含まれる脂肪酸で、ドコサヘキサエン酸ともいい、いわしやさば、さわら、ぶりなどに存在する成分です。記憶や学習などを司る脳の神経細胞を活性化し、神経の情報伝達力を向上させる成分ともいいます。血栓を溶かす効果があるというDHAは、高脂血症を解消すると共に、生活習慣病や老人性認知症を改善するといいます。

 納豆菌が生成する酵素であるナットウキナーゼには整腸作用があり、サプリメントに用いられます。腸に存在する善玉菌の作用を助け、腸の調子を向上させます。血栓によって引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞もナットウキナーゼで防止が可能で、血栓融解酵素という名称もついています。

 イソフラボンサプリメントもコレステロール値を下げる以外の効果があります。エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをするので、更年期障害の軽減が期待できます。大豆に存在する成分です。抗酸化効果や抗ガン効果もあるのが嬉しいところで、コレステロール値も軽減してくれます。

 副作用のリスクなしでコレステロール値を軽減してくれる成分として、紅麹があります。紅麹サプリメントは体内で生成されるコレステロールの量の抑制が期待できるものです。高コレステロール血症の予防、高中性脂肪血症の予防に効果があります。

 コレステロールが気になり出したら、サプリメントを利用する前に、生活習慣を見直したり、医師に相談したりすることも大切です。過剰に蓄積されても困りますが、欠乏気味でも困るのがコレステロールです。健康にいい状態を維持するためには、コレステロールのサプリメントも正しい知識で活用する必要があるでしょう。


関連エントリー

コレステロールのサプリメントの種類   コレステロールに効果的なサプリメント   コレステロールの役割とサプリメント