TOP >  コレステロールとサプリメント

スポンサードリンク

コレステロールの役割とサプリメント

 体内に存在するコレステロールにはどのような意味があるのでしょう。コレステロールとは、単純にいうと脂質の一形態です。人の体内にはあらゆる部分にコレステロールが存在します。コレステロールはホルモンや胆汁となり、血液や脳や内臓などに存在し、生命維持の重要な部分を担っています。
 コレステロールという言葉を耳にすると、あまり良いイメージではありません。血中のコレステロール濃度が高すぎると生活習慣病を引き起こしますから、多すぎるとよくありません。そのため、健康診断時の血液検査などでコレステロール濃度が高すぎて危険域に入ると、コレステロール抑制が必要となります。
 しかし、コレステロールは少なすぎても問題なのです。コレステロールが不足気味になると、人体の免疫力が失われ、血管の強度にも障りが出ます。

 また、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますので区別が必要です。善玉コレステロールは、体内のコレステロールを運送しています。動脈硬化を引き起こすコレステロールは、悪玉コレステロールです。悪玉コレステロールは体内で酸化し血管の内壁に付着し血流を阻害するのです。悪玉コレステロールが増える原因としては、過剰なストレス、運動不足、偏った食事、喫煙などです。
 
適正なコレステロール値を目指すためには、サプリメントに頼るだけでなく、食事や生活習慣も見直すと効果倍増です。健康で快適な生活を送るためにも、コレステロール対策のサプリメントと生活改善に取り組みましょう。現在では多種多様なサプリメントが市販されています。様々な栄養成分の中から最も自分に合うものを探し出すために、事前によく調べましょう。


関連エントリー

コレステロールのサプリメントの種類   コレステロールに効果的なサプリメント   コレステロールの役割とサプリメント