TOP >  注意点

スポンサードリンク

サプリメントの飲み方の基本

現在では多種多様な商品が販売されているサプリメントですが、飲み方に決まりはあるのでしょうか。
錠剤や顆粒状のサプリメントを飲む時は、水と一緒に飲む方法が一般的であり、最もよいようです。


カフェインやタンニンを含む緑茶やコーヒーなどでサプリメントを飲むと、大事な栄養成分がカフェイン等にくっついてしまうので、成分が体内に取り込まれにくくなります。
食後、30分以内に摂取するサプリメントの飲み方をおすすめします。


サプリメント摂取時に何もお腹に入っていないと、胃に負荷がかかります。
食事とサプリメントのタイミングを合わせるのは、食物とサプリメントの吸収が同時の方が効率がいいからです。


体にいい成分だからと、サプリメントをめいっぱい摂取しては健康を損なう恐れがあります。
摂りすぎには注意してください。

服用のしすぎはくれぐれも厳禁です。
頻度や分量はきっちり守りましょう。


ビタミンB群の場合、単体で利用するよりもビタミンB群をある程度まとめて摂取した時の方が疲労回復に役立ち、美肌効果や免疫力を高める効果が発揮されるといいます。
また、疲労や頭痛の原因が酸素が足りないせいなら、ビタミンC&鉄の組み合わせがおすすめです。
効果的な組み合わせを見つけるには、各サプリメントについての知識が必要です。

普段の食事から不足しがちな栄養素は何なのかを知り、より効果的にサプリメントで補うことができたら、健康的な生活を送ることができるようになります。


関連エントリー

サプリメントの飲み方の基本   サプリメントの意味と必要性   サプリメントの飲み方の注意点