TOP >  コンドロイチン

スポンサードリンク

コンドロイチンと美容

有名な美容に役立つサプリメントのひとつが、コンドロイチンというものです。

コンドロイチンの保水力は美容にも重要な役割を果たしています。
つるつるで張りがある赤ちゃんのお肌というのは、皮膚の中に多量の水分を保持しているといいます。
年齢を重ねるにつれて、体内のコンドロイチンが少なくなって肌に水気を蓄えておく力が失われてしまうと、肌の水分が失われてカサつきがちになります。


皮膚には一番外側に表皮と呼ばれる部分があり、体を保護し水分の蒸散を防いでいます。
血管、神経、筋肉などがまじった真皮は表皮の下にあり、皮膚と筋肉とを繋ぐ皮下組織と続いているのです。

一般的に真皮の部分が皮膚そのものといわれます。
そこには70%のコラーゲンと1%弱のコンドロイチンが含まれているものなのです。

皮膚組織の中でコンドロイチンはとても重要な働きをしています。
コンドロイチンの比率は多くありませんが、皮膚の水分量を保持し、皮膚機能を維持するために役立っているのです。


コンドロイチンがたくさんあるのが、健康な肌といえるでしょう。
水分をたっぷりと補給してコラーゲンの機能を助けてくれているからです。

歳をとると、皮膚表面にできたメラニン色素が定着しやすくなり、シミの原因になります。
これは表皮の代謝機能が低下してしまったことが大きく影響しています。
表層の活性化を促すので、コンドロイチンを含む皮膚は、シミ対策にとって有利です。

コンドロイチンが含まれる、美容目的のサプリメントがたくさんあるのも納得できるのではないでしょうか。


関連エントリー

コンドロイチンと美容   コンドロイチンと神経痛