TOP >  にきびのケア

スポンサードリンク

にきびの種類とにきびケアの基本

 にきびは医学上では尋常性挫創といい、にきびケアに頭を悩ませている人は少なくありません。にきびは毛穴の詰まりからくる炎症です。毛穴は分泌物が常時出ていますが、皮脂などで毛穴が詰まり、汚れが溜まって炎症を起こすわけです。体質によって違いはありますが、にひぎは背中や顔、胸など皮脂の分泌が多いところにできやすいようです。
 一般的に、顔に出来る尋常性挫創が、にきびと呼ばれています。炎症の状況によって、にきびには何パターンかに区別されます。軽いものから順に白にきび、黒にきび、赤にきび、黄色にきびです。一番最初の段階が白にきびです。目立たない状態ですが、早いうちからのケアを大事にしたいものです。黒にきびは、白にきびを放っておくと起きるものです。毛穴の皮脂汚れが黒っぽく酸化して、ブツブツとした黒い粒になって目に見えるようになったにきびです。黒にきびをなお放置しておくと、炎症が周辺に広がることによって、赤にきびになってしまいます。酸化した皮脂汚れが原因で皮膚が炎症を起こしており、かゆみや痛みがある場合もあります。赤にきびをそのままにしておくと炎症が進み、膿が出て黄色にきびと呼ばれる段階に至ります。
 初期のうちにケアをすれば比較的簡単なのですが、赤や黄色になるまで放置したにきびは、治療がとても困難です。にきびのケアは、日頃からのにきび予防は早めのケアで対処しましょう。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/62329

関連エントリー

にきびの種類とにきびケアの基本   にきびのケアに漢方薬を用いる方法   にきびのケアの注意点