TOP >  背中にきび

スポンサードリンク

背中にきび跡の治療法

背中にきび跡ができてしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか。

治療のひとつとして、イオン導入を取り入れたものがあります。
これは最近話題になっている背中のにきび跡の治療法で、針を使わない注射で行うものです。
通常より多くビタミンCを浸透させることができるのが、にきび跡に対してイオンを導入することです。
それにより、メラニンの生成を抑え背中のにきび跡を取ったりすることができます。
そして背中にきびの炎症を抑えてくれます。

それだけではなく、色素沈着を防止しますのでにきび跡の治療には大変効果があるのです。
加えて電流を微弱に流すことでビタミンやプラセンタを皮膚の深い部分まで浸透させていきます。
これで背中にきび跡のしみやしわまで改善できる効果があります。

きれいなにきび跡の無い背中をこのイオン導入の治療法で再び取り戻すことができるといえるかもしれません。

背中にきび跡の治療法はこのほかにもあります。

レチノイン酸を使う治療法です。
ビタミンÅ誘導体の一種であるレチノイン酸というのは、肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促す効果のあるものです。
コラーゲンの生成も促すレチノイン酸のおかげで、新しい細胞が生成され背中のにきび跡を押上げてくれますので、背中にきび跡がうまく治療できるのだといえます。

近ごろ背中にきび跡の治療はいろいろと開発されています。にきび跡に悩んでいる人は何かやってみてはいかがでしょうか。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35713

関連エントリー

背中にきび跡の治療法   背中のにきび跡が残る原因   背中にきびの原因