TOP >  薄毛予防

スポンサードリンク

薄毛予防と生活習慣

薄毛防止に睡眠時間などの習慣を見直すことは効果があります。


人間の体は、夜の10時から午前2時にかけての成長が最も活発になるといいます。
この時間に新しい細胞がどんどん作られていき、新しい髪も生み出されていきます。
10時までには就寝していることが、新しい髪を作り豊かな頭髪を得るために必要なのです。


また、現代では多くの人がストレスを抱え込んで生きていますが、髪にとってもストレスは悪影響を与えます。
毛根への栄養成分は血液に乗って届けられますが、ストレスは血管を縮めてしまうのです。
気分転換などをして心にゆとりを持たせ、ストレスを溜めない生活習慣にすることが薄毛の予防になります。


といっても、過度の飲酒やタバコにも血流を妨げる効果がありますので、頭皮の量を増やすには酒やタバコ以外の方法でストレス発散を行ってください。

たんぱく質は新しい髪を作るために大事な成分で、肝臓で作られます。
しかし、お酒の飲み過ぎは肝臓の働きを妨げます。
また、喫煙は血流を阻害する作用があるため、髪へ栄養が届きません。

ビタミンは髪の発育に欠かせない栄養成分ですが、煙草はビタミンCを消失させてしまいますので、薄毛を予防する上では絶対に避けたい生活習慣のひとつです。
色々な栄養を摂取することが、太く濃い髪を作っていく上で有用です。

偏りのない食事メニューを心がけ、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などを積極的に体に取り入れてください。

人気商品

関連エントリー

薄毛予防と生活習慣   薄毛予防は髪の手入れから   薄毛を予防しよう