TOP >  メタボの意味、対策

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの意味

皆さんよく耳にするメタボリックシンドロームという言葉ですが、イコール肥満と単純に思われている方が多いのではないでしょうか。
実はそれは違うのです。
メタボリックシンドロームのメタボリックとは代謝を、シンドロームは症候群という意味です。

この言葉からわかるように体内の代謝がうまくいかず、それが原因で様々な病気を引き起こしてしまう状態を指しているのです。
つまりメタボリックシンドロームとは単なる肥満でもそれ自体が病名でもなく、内臓脂肪型肥満・高血圧・高血糖・高脂血症が重なって症状として現れる状態の事を指し、メタボリックシンドロームはこれらの代謝異常を総称して呼ばれているのです。

生活習慣病やメタボリックシンドロームは最近テレビや雑誌等で頻繁に取りざたされています。
なぜこんなにもメタボリックシンドロームと生活習慣病がこんなに注目される様になったのでしょうか。

それは原因の一つに日本人の食生活の変化にあります。
食生活の欧米化や日々のストレスの増加、運動不足等から、メタボリックシンドロームに陥っている方やその予備軍が多くなってきているからでしょう。

また日本国内の死亡率を占めている、癌・心疾患(心筋梗塞・狭心症など)・脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)を引き起こす原因に代謝異常からなるメタボリックシンドロームが深く関係しているのです。
こういった理由から、メタボリック対策がことさら注目されており、政府もこの対策に介入しているのです。

関連エントリー

メタボリックにならない為の予防法   メタボリックシンドロームの意味  

スポンサードリンク