TOP >  メタボリックシンドロームとは

             

スポンサードリンク

    

メタボリック症候群の予防

メタボリック症候群という言葉をよく耳にするようになり、病院のパンフレット等でも目にするようになりました。
メタボリック症候群とは、一体どういうものでしょう。
日本の学会が合同で出したメタボリック症候群の基準に、あてはまるかどうか確認してみましょう。


メタボリック症候群の診断基準で最初に挙げられる点は、へそ周りが男性は85センチ以上、女性は90センチ以上かどうかです。
あてはまる人は専門機関で調べてもらい、必要ならぱ早めの対応を行った方がいいでしょう。


お腹まわりがこの数字であり、かつ、高血糖か高血圧か高脂血症のいずれか2つの基準値を超えていると危険水域です。
中性脂肪の数字が150mg/dl以上かHDLコレステロール40mg/dl未満、あるいは両方にあてはまると高脂血症です。

高血圧の判断は、血圧を測って上の値が130mmHg以上か下の値が85mmhg以上の片方か両方にあてはまるかどうかです。

最後に、高血圧かどうかは空腹時血糖が110mg/dl以上が境界です。
メタボリック症候群かどうか確認するためには、おへそ周りの腹囲はともかく血液状態を調べる必要がありますので、医者などで検査を受けて専門家の判断を仰いでください。

メタボリックシンドロームは生活習慣病の温床です。
血液中の中性脂肪量が多いと、動脈硬化などを引き起こしやすくなります。心筋梗塞、脳梗塞などの元になる症状が動脈硬化です。

メタボリックシンドロームを予防し、そのような危険を未然に防ぎましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/58947

関連エントリー

メタボリック症候群の予防   メタボの原因   メタボ検診   メタボリックシンドロームとは  

人気商品

お気に入りに追加

検索