TOP >  メタボリックシンドロームとは

             

スポンサードリンク

    

メタボリックシンドロームとは

メタボとはメタボリック・シンドロームの略語で、メタボリック症候群とも言います。
メタボリック・シンドロームという言葉が分かっても、何のことを言っているのかピンと来ませんね。

ここでは、メタボリックシンドロームとは何かについて説明します。

太っている人がメタボリックシンドローム、というイメージは間違いではなくて、ウエストがある程度以上の太さになっていることが最初の基準点になります。
男性なら85cm、女性なら90cm。
これを超えているとメタボリックシンドロームの第一段階をクリアしています。

生活習慣病というものがあります。以前は成人病と呼ばれていた病気のことです。
高脂血症、高血圧、高血糖症(いわゆる糖尿病)等が生活習慣病に当たります。
ウエストサイズと、生活習慣病だと診断される数値が検査で出た場合、それが2つ以上になるとメタボリック・シンドロームと診断されるのです。

生活習慣病だと診断されるような数値は正確には以下のようになります。
1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方
2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方
3.空腹時血糖が110mg/dl以上

この中で2つ以上に該当し、ウエストのサイズが男性で85cm、女性で90cmを超えている人はメタボリックシンドロームです。

あなたは大丈夫でしょうか?
気になれば早めに病院で検査だけでも受けてみましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/47775

関連エントリー

メタボリック症候群の予防   メタボの原因   メタボ検診   メタボリックシンドロームとは  

人気商品