まぶたのたるみを取るにはTop >  眼瞼下垂の治療 >  眼瞼下垂のまぶた治療について

スポンサードリンク

眼瞼下垂のまぶた治療について

まぶたたるみが出る原因が眼瞼下垂だったなら、まぶたの筋肉が弱いことがたるみの原因です。

たるみの原因は脂肪ではなく筋肉なので、切開法で脂肪除去をする意味はありません。

美容クリニックでも眼瞼下垂手術を受けることはできます。

眼科や形成外科で保険を適用して手術を受けることができます。

切開式のたるみ取り手術と眼瞼下垂手術は、どちらも行うことでのたるみ取りもできます。


ディスプレイ画面を連続して使用していると目の筋肉は疲労していきます。

加齢などの理由でも筋肉が弱ってまぶたが下がることがあり、これは後天性眼瞼下垂として生まれつきとは区別されます。
後天性の眼瞼下垂によってまぶたがたるむ場合、従来までは眼瞼挙筋を直接切除をして短縮する挙筋短縮法という方法が使われていました。
程度の重いたるみに対して、挙筋短縮法は効果がある方法です。
交感神経と関連性の深いというミューラー筋を傷つける可能性がある手術方法です。

特に問題がなければ、挙筋短縮法ではなく挙筋前転法を行うところがほとんどのようです。
これは、筋肉を切除せずにまぶたの裏にある瞼板と挙筋腱膜を任意の位置に固定するやり方です。


後天性の眼瞼下垂には適した治療である挙筋短縮法という方法ですが、技術と経験が必要なため、全ての医療機関で可能な治療というわけではありません。

挙筋短縮法という方法は多くのクリニックで導入されていますが、実際に正しい術式で治療されているとは限らないので注意が必要です。

人気商品

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35708

まぶたのたるみを取るにはTop >  眼瞼下垂の治療 >  眼瞼下垂のまぶた治療について

お気に入りに追加