まぶたのたるみを取るにはTop >  切開法で解消 >  切開法でまぶたのたるみを解消する

スポンサードリンク

切開法でまぶたのたるみを解消する

まぶたたるみの原因の一つに目の回りの脂肪があります。

たるみ除去手術には、まぶた切開法といってたるみの原因となる脂肪を直接取り出すという方法があります。

目の周りが元々腫れぼったくて脂肪が多く、たるみの原因に脂肪によるものが多い人や、脂肪の量はそこそこでも加齢等でたるみが出やすくなった人にお勧めです。

どの部分の脂肪を除去するかによって、肌のどこにメスを入れるかが決まりますが、いずれかの場所を切開しなければなりません。
上まぶたを施術する際の切開位置は、眉のすぐ下側か二重のラインに沿うようにメスを入れます。

目の下側が気になっている人は、下まぶたの脂肪を除去する必要があります。この場合は、まつげのふちに沿うように切開します。

切開の痕跡は全く残らないようにはできませんが、二重のラインや眉と重なることでほとんどわからなくなるでしょう。


切開法には、上下のまつげのラインに沿ってメスを入れるものもあります。
その後縫い合わせるというものです。

手術にかかる時間は施術内容や設備、クリニックの仕組みによって異なりますが1時間程度で、数日は腫れることもあります。

歯の治療や打撲によって腫れが出やすい人はやや強く腫れる傾向があります。
腫れはやがて引いていきますので、こすらないようにしましょう。

その日はメークや洗顔はできません。抜糸がありますので、指定された日に再び来院しましょう。

痛みに関しては個人差がありますが、局所麻酔や点眼麻酔によって、なるべく痛くないようにしてもらえます。

人気商品

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35707

まぶたのたるみを取るにはTop >  切開法で解消 >  切開法でまぶたのたるみを解消する

お気に入りに追加