TOP >  βグルカン

スポンサードリンク

βグルカンと化学療法

抗ガン作用があるというβグルカンのサプリメントは、免疫力の向上だけでなくガンの予防や抑制目的でも販売されています。

では、手術後にガン再発が起きたり、ガンの進行がかなりの部分まで進んだ人に対しては、βグルカンは効果があるでしようか。

ガンへの作用は予防効果だけと思いこんでしまのには早計といえます。
ガンに対するβグルカンの効能は、予防に限ったものではありません。
進行ガンの延命や薬の効果を向上させ、抗ガン剤の化学療法に対する副作用を減らす効果も期待されています。

胃ガンの末期患者に対して化学療法と同時に医療用βグルカン製剤を用いた結果、延命効果や腫瘍抑制効果があったとする学術論文もあります。

注射に使うβグルカン製剤の入手は困難ですが、上質のものであれば経口サプリメントでも同様の作用があるようです。
βグルカンによってガンの痛みや治療時の副作用が小さくなるのなら、使わない手はありません。

現在使われている抗ガン剤は、ガン細胞を攻撃すると同時に骨髄細胞などを痛めてしまいます。
そのため、免疫力が低下してしまいます。
免疫力を向上させ抗ガン剤が身体に及ぼす攻撃を抑えたい時にこそ、βグルカンが免疫系を活性化させるために使えるわけです。

ガンの進行が早い人にとっても、βグルカンは抗ガン剤による治療時に副作用を軽減して負担を減らし、継続して治療する道を拓いてくれます。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/37056

関連エントリー

βグルカンと化学療法   βグルカンの免疫抑制効果   βグルカンの種類について