TOP >  βグルカン

スポンサードリンク

βグルカンの免疫抑制効果

βグルカンを注射すると血液を巡って各臓器に達し、肝臓と脾臓に数ヶ月という長い間留まることが研究によって判明しています。
体内のβグルカンは存在し続ける限り効能が続いているようです。

体にはβグルカンの分解酵素がないので、分解はかなり時間がかかります。
免疫系の細胞は防御反応を担っていますが、これらの細胞は外部からの異物を分解する肝臓や脾臓に存在します。
推測によると、βグルカンは免疫反応を向上させるために肝臓や脾臓で効果をあらわしているといいます。

臓器に留まったβグルカンは、体に免疫力をつけてくれるわけです。
これが、抗ガン剤効果がβグルカンにはあるといわれる理由です。

体内に侵入した細菌、ウイルス、死んだ細胞などの異物に対し、マクロファージは最初に対応する免疫機能です。雑菌や死んだ細胞の残骸はマクロファージによって食べられます。
マクロファージが食べたものの中に抗原が含まれていた場合、その情報はヘルパーT細胞に伝えられ免疫系が高められます。

βグルカンはマクロファージを活性化させる効果があります。
免疫情報物質を放出能力や異物を取り込む食作用は、マクロファージの活性化と共に強化されます。

ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の破壊力も、共に上昇します。
キノコ由来のβグルカンをマウスに与えた時に肺炎球菌への感染防御効果があったことが実験で報告されており、βグルカンの免疫力への作用を証明しています。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/37055

関連エントリー

βグルカンと化学療法   βグルカンの免疫抑制効果   βグルカンの種類について