TOP >  βグルカン

スポンサードリンク

βグルカンの種類について

キノコ類に含まれているβグルカンは、免疫力を高めてガンを予防する効果があるといわれます。

免疫調整の材料として、ガン予防たけでなく増殖を防ぐ働きも期待されます。

アガリクス、メシマコブ、ハナビラタケ、ハタケシメジ、鹿角霊芝といったキノコにβグルカンは含まれています。
免疫力を高め、外部からの雑菌や細菌に対する抵抗力を上げます。
また、ガンの予防・抑制作用があります。

薬として扱われてはいないので、健康状態に問題がない人もβグルカンサプリメントは使うことができます。
グルカンとはブドウ糖の分子が結合した物質で、繋がり方によってα型グルカンとβ型グルカンがあります。
甘味の元として知られるトレハロースやでんぷんがα型グルカンです。

免疫機能の活性化やガン抑制作用があるβグルカンはβ-(1→3)-D-グルカンというもので、一口にβグルカンといっても種類があるわけです。
世界じゅうで盛んに研究がされており、植物や菌類、細菌などに存在している物質です。

キノコからだけでなく、パン酵母のイースト菌やビール菌からも抽出ができます。
また、食品化学の世界では、植物繊維とβグルカンを見なします。

植物繊維のβグルカンは、大麦にたくさん入っています。
最初にβグルカンが確認されたのは米国のことで、1941年のことでした。
後の研究で構造がわかりβ1,3Dグルカンと名がつけられました。
その後もβグルカンの研究は進み、ガンの予防、ガン細胞の増殖抑制に効果があるという研究発表が1963年になされ、今に至るります。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/37054

関連エントリー

βグルカンと化学療法   βグルカンの免疫抑制効果   βグルカンの種類について