TOP >  グルコサミン

スポンサードリンク

グルコサミンの副作用について

長期間のみ続けないと効果を感じ出せないグルコサミンは、その期間の長さから副作用の心配を感じる人もいるのではないでしょうか。

実際のところグルコサミンの副作用はどうなのでしょうか。

グルコサミンの副作用として報告されているものには、消化器系のものがあり、下痢や便秘などです。

グルコースと似ていることから、糖尿病を患っている人が飲みすぎると血糖値を上げてしまうという説もあります。
しかし実際には、実例はほとんど報告されていないようです。
ただ糖尿病の人は、実際にグルコサミンを摂取するときには、医師に相談してからのほうがいいでしょう。

グルコサミンの調査によると、その程度は軽度で重大ではありませんでしたが、吐き気、胸焼け、それから胃痛や消化不良を訴えた人が、1割程度はいたようです。
胃潰瘍のある人、それから妊娠中の人は、グルコサミンを摂取するのであれば、医師に相談してみたほうがいいかもしれません。

できるならば食事とともにグルコサミンを飲むようにするといいでしょう。
グルコサミンは体内にあるものなので、副作用もそう出るものではありませんが、原料にカニやえびといった甲殻類を使用しているので、アレルギーが出る人は気をつけなければなりません。

このようにほとんどが胃に不快感を覚えるというような副作用ですが、1〜3週間もすれば治るもので、仮に大量にグルコサミンを摂ってしまったとしても毒性のあるものではありません。

グルコサミンの安全性は、従来の関節炎治療薬と比べてみても、ずっと高いものであると考えても大丈夫でしょう。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/37053

関連エントリー

グルコサミンの副作用について   グルコサミンを摂取する方法