TOP >  l-カルニチン

スポンサードリンク

l-カルニチンの働き

この頃の人々は、生活環境の変化などによってl-カルニチン不足に陥りかけているようです。

体内のl-カルニチンが足りなくなると、一体何がはじまるのでしょう。

戦後の日本人は、現代の3割程度しか脂肪分を取っていなかったそうです。

脂肪をエネルギーに変える代謝作用は、脂肪の摂取が多すぎたり、運動が足りなかったり、飲酒や喫煙などの不摂生を続けることで異変が生じます。
そして高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。

生活習慣病の予防に関しては、2005年からメタボリックシンドロームという名称で、国をあげての取り組みが行われています。
メタボリックシンドロームの改善あるいは予防には、体の内臓脂肪を落とし、代謝のいい体を作ることが最もいい方法です。

脂肪を効率よく燃焼させることができればメタボリックシンドローム予防になりますので、l-カルニチンが助けになることでしよう。

100歳以上のお年寄りでも、健康な人の血中には高いl-カルニチン濃度が確認されたという報告もあります。
疲れやすさや、四肢に力が入らないという人が最近では増加傾向にあります。
代謝をl-カルニチンでアップさせることで、脂肪を燃やしエネルギーを作り出すことができるでしょう。
そのため、普段の生活の中でスタミナをアップさせ、疲労を押さえる栄養素になり得るものとして期待されています。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/37058

関連エントリー

l-カルニチンはアミノ酸の一種   l-カルニチンでダイエット   l-カルニチンの働き