TOP >  l-カルニチン

スポンサードリンク

l-カルニチンはアミノ酸の一種

人間の身体は脂肪を燃焼し生命活動に必要なエネルギーを得ています。

この脂肪燃焼に関わる成分がアミノ酸で、l-カルニチンはアミノ酸の一種です。
エネルギー代謝では脂肪酸がミトコンドリア膜を通る必要がありますが、そのままでは反応しません。

エネルギーを得るために脂肪を燃やすために、l-カルニチンが脂肪に働きかけるという仕組みです。
最近では、脂肪燃焼を助けるl-カルニチンの効果に期待して、ダイエットの補助となるサプリメントとしてスポットが当たっています。

また、胃に存在し消化活動に関わる塩化カルニチン、脳に存在するアセチルカルニチンもカルニチンの一種です。
l-カルニチンだけが脂肪燃焼の補助となり、他のカルニチンとは違います。
l-カルニチンは体の中でアミノ酸から合成して作ることができる物質です。

l-カルニチンの量は、基本的には出産時期や成長期でもない限り体内での生成量で事足ります。
とはいえ、21世紀のライフスタイルにおいては、1日に約10グラムという本来の生成量では不足しがちになるようです。
肥満の人や、女性の方がより不足する傾向にあるようです。

必要量の目安は1日につき500mg。これはアメリカの研究によってもたらされた数字です。
肉類にはl-カルニチンが豊富に含まれており、特にマトンにはたくさんあります。
赤貝やカツオ肉からも、l-カルニチンは補給が可能です。

人気商品

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/37057

関連エントリー

l-カルニチンはアミノ酸の一種   l-カルニチンでダイエット   l-カルニチンの働き