TOP >  毛穴の種類

スポンサードリンク

毛穴の種類と広がる原因

毛穴は皮膚内に入り込んで毛根を包んでいる袋状の組織で、その正式名称を毛包といいます。

人の毛穴は、そのすべてが完成するのが妊娠6ヶ月くらいだといわれています。

毛穴には種類があって、顔面や頭部にあって産毛が生える毛穴を、軟毛性毛包といいます。
またやはり顔面や頭部にあって髪の毛やひげが生える毛穴を終毛性毛包といいます。
そして産毛を生やしながら、大量に皮脂を分泌する大き目の皮脂腺を有している毛穴もあります。
この毛穴は脂腺性毛包と呼ばれ、顔意外では背中の中央部や、前胸部にあります。

毛穴の数は大人も子供も変わらず、性別によっても大きな違いはなく、顔だけでも20万個はあります。
ただ個人差はあり、単位面積あたりの毛包の数には大きな個人差があるようです。

脂性肌と聞くと、毛穴の数が多いのかと思われそうですが、そうでもありません。
毛穴の入り口が大きくて皮脂を盛んに分泌する脂腺性毛包は、顔面に多く存在しているので、顔の毛穴は目立ちやすいのです。

毛穴が広がる原因として考えられるのは、皮脂の過剰分泌や、鼻の周囲などの皮脂の分泌量が多い部位の毛穴に見られる小さな突起状の角栓があります。
老廃物である角質が毛穴の中に詰まってしまうと、毛穴は広げられて大きくなるため、毛穴が広がる、という状況になるわけです。

人気商品

関連エントリー

毛穴の種類と広がる原因