二重まぶたにする方法Top >  二重まぶた埋没法 >  二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきこと

                            

スポンサードリンク

    

二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきこと

手軽で安全にできるといわれている二重まぶた埋没法ですが、デメリットが全くないというわけではありません。
ですがあらかじめ二重まぶた埋没法のデメリットを把握しておくことで、対策をたてるこができます。
そしてリスクを軽減することができるのです。


まずは手術を受けるクリニックがどういう施術方法を使うのかをしっかり確認しておくことが大切です。
最新の研究で新しい二重まぶた埋没法の技術も生み出されているからです。
この二重まぶた埋没法は手軽な手術です。
ですがその分限界もあるのです。

二重まぶた埋没法の場合、二重が作りやすい人に向いています。
基本的には、まぶたの奥の部分に脂肪が少なめの人です。

反面うまく二重にならないことがあるのは、まぶたの厚い人、特に腫れぼったいまぶたの場合です。

それでもできるところ、できないところがクリニックによって違いますので、一カ所で不可能と言われたとしても手術を諦めなくても良いでしょう。

二重まぶた埋没法のメリットとして、術後の腫れがほとんどないということがありますが、誰でも腫れないというわけではありません。
その人によっては手術の後数日の間は、まぶたが腫れることがあるかもしれません。
そして糸を埋め込むことになりますので、異物感を軽く感じることがあります。
二重まぶた埋没法の一番のデメリットは、元の状態に戻りやすいということでです。
様々な工夫もされているので、最近では戻らないようになってきていますが、これは完全な保証があるわけではありません。

戻ってしまった時にやり直しの手術ができるかどうか、その際の料金はどうなるかは事前に確認しておくことが必要です。

関連エントリー

二重まぶたにする方法Top >  二重まぶた埋没法 >  二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきこと