二重まぶたにする方法Top >  二重まぶた埋没法 >  二重まぶた埋没法のメリット

                            

スポンサードリンク

    

二重まぶた埋没法のメリット

少し前まで、まぶたを二重にする整形手術の主流は切開法と呼ばれる方法でした。
メスを使って、まぶたの一部を切開して縫い合わせる方法です。

埋没法を使っての手術は、手術時間も短く術後の回復が早いので、軽い気持ちで受けることができます。
また、跡もほとんど残りません。
お昼休みのわずかな時間を利用して手術を受けることなども可能で、数分で終わるところもあります。
まぶたとまぶたを開閉する筋肉を糸で繋げる技術は様々ですが、近ごろの埋没法では糸が皮膚の中に埋まるように施術するため、外見からでは糸はほとんど目立ちません。

埋没法で手術をする皮膚はとてもデリケートな部位で血管も多いので、慎重に取り組む必要があります。
二重まぶた埋没法の最新技術では、目への負担を最低限に留めるために皮膚と筋肉のごく一部のみを繋げています。

目に傷がつかないか心配になるかもしれませんが、糸を通す場所は筋肉と皮膚の一部のみです。
短時間のごく軽い手術なので、施術の次の日から普段と変わりなく通勤や通学が可能です。

術後に通院も必要ありませんし、抜糸もありません。
化粧や洗顔なども、一般的な場合では翌日から通常通りにできます。

この方法なら、まわりの人に気づかれないようにさっと手術を済ませてしまうということも、日程次第で可能です。
二重のラインを作った糸を再び取り出すことで、一度つけた二重を元に戻すことも可能です。
ごく小さな穴を開けて糸を抜くので、腫れなどは少なく済みます。

ラインを変更したい場合は、抜糸をした後に再び二重まぶた埋没法の手術を行い、新しいラインを作ることができます。

関連エントリー

二重まぶたにする方法Top >  二重まぶた埋没法 >  二重まぶた埋没法のメリット