二重まぶたにする方法Top >  二重まぶた埋没法 >  二重まぶた埋没法とは

                            

スポンサードリンク

    

二重まぶた埋没法とは

一重のまぶたを二重にするには切開法が多く使われてきました。

まぶたの脂肪を切開し取り出すという方法で、はっきりとしたラインを作ることができます。

現在では、メスを使わず元に戻すことのできる、埋没法という方法が二重まぶた手術の主流です。
一重まぶたと二重まぶたの違いはほんの些細なものですが、それだけで顔全体の印象はガラリと変わります。
一重まぶたを二重まぶたに変えたことが自信につながり、社交的になれたという人もいます。


二重まぶたとは、まぶたを上下させる眼瞼挙筋という筋肉が一部枝分かれして皮膚にくっついているため、目を開ける時に折り目ができる状態です。
二重まぶたには二種類あります。日本人に多いのは目尻に行くにしたがって徐々に広がる末広型で、控えめな印象になります。
対して、目頭から目じりにかけて広いラインの平行型は、目が大きく見え、華やかでくっきりした印象です。


まぶたを引き上げる眼瞼挙筋と皮膚を糸でつなげて人工的に二重のラインを作る手術は、メスを使わない新しい形の美容整形です。
この方法が二重まぶた埋没法と呼ばれています。
医療用の糸を使い、体内に溶け込むことはありません。
まぶたを何カ所で糸を止めるかによって、くっきりとした二重になります。
二重のラインを微調整するには、糸をどこにつなげるかで形や深さをコントロールできます。
イメージ通りの二重まぶたをカウンセリング時に希望しておけば、思った通りの二重まぶたになることができます。

どのタイプの二重まぶたが似合うかは個人差や好みがあります。
自然な二重にするためにも色々検討してみましょう。

関連エントリー

二重まぶたにする方法Top >  二重まぶた埋没法 >  二重まぶた埋没法とは