TOP >  フェイシャルエステ

スポンサードリンク

フェイシャルエステでの注意点

エステサロンフェイシャルエステを受ける際に注意すべことがあります。
それは、今だに過剰なセールスをするエステサロンが存在するということです。
ローンを組ませてまても、強引に高い美容品や器具を買わせようとするエステが存在しないわけではありません。
キッパリとNOと言える自信がない人もいるかもしれませんが、そういう人が無料体験を経験に行くことは危険かもしれません。


どのようなエステであれ、化粧品なり別途コースなり入会なりの案内や勧誘はあります。
最初からそのつもりで心の準備をしてからフェイシャルエステを受けた方がいいのではないでしょうか。


積極的にその気はなかったけれど、強く勧められてついフェイシャルエステを申し込んでしまうこともあります。
その時には、クーリングオフでフェイシャルエステの契約を撤回するといいでしょう。

冷却期間を置くという意味のクーリングオフは、一定期間の間なら無条件で契約取り消しができるものです。
この制度を使うことは、契約書面を取り交わして8日以内ならばいつでも可能です。


また詳しいことがわからず、誰にも相談できる人がいないときもあります。
消費者生活センターは、そんな時に話を聞いてくれ、助けになってもらえます。
消費生活センターでは、エステ商品やフェイシャルエステなどのサービスについての消費生活全般に関する苦情や問い合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受付けています。
求めに応じて問題解決の突破口を見つけてくれるでしょう。


関連エントリー

フェイシャルエステの上手な利用方法   フェイシャルエステでの注意点