TOP >  自転車でダイエット

スポンサードリンク

自転車ダイエットの効果

自転車ダイエットは、果たして体重減少にどれほど役立つのでしょうか?
自転車の平均速度で15キロほど走行した場合の消費エネルギーは、1時間当り約180キロカロリーだそうです。
これは坂道ではない平地での計算になりますので、実際にはもう少し消費しているはずです。

これは時速15qで移動した場合ですが、もし時速20qにアップさせたなら消費カロリー量も増加し、約300kcal/hのエネルギーを使います。
時速20qで1時間自転車に乗り続けることは、何度か繰り返しているうちにできるようになります。
よりスピードアップするなら、時速30qで自転車をこぐと800kcalも消費されます。

辛い運動をすることがこのダイエット運動の目的ではありません。
慣れてきたら少しずつ運動量を増やすとしても、走行距離や時間を自分のやりやすいように調整し、続けられるようなプランにしましょう。
自転車に乗り続けることで、持久力もアップしますから、無理なく長く続けられるダイエット方法なのです。


自転車ダイエットの効果は、ただ消費カロリーを増やし、基礎代謝を高めるだけではありません。
ハンドルを握り、上半身を支えることで、二の腕のたるみを解消していきます。
こぐ動作は太もものたるみを引き締めてくれます。

自転車ダイエットでは、正しい姿勢を意識することで、おなかのたるみも防ぐことができます。
自転車をこぐと脚が太くなるので嫌だという人もいるかもしれませんが、太くなるまでには相当の筋肉を付けなければならないので心配はいりません。

適度な自転車運動を毎日続けることで、すらりとした下半身のプロポーションになることができます。
人によっては、脂肪が燃焼する際に太ったような気によるようですが、それは一過性のものです。

毎日自転車をこぎつつけることで、確実にスリムアップすることができます。

関連エントリー

自転車ダイエットのメリット   自転車ダイエットの効果   自転車でダイエットできるのか  

人気商品