TOP >  ヒゲ脱毛

                        

ヒゲ脱毛の注意点

ヒゲ脱毛する場合に気をつけなければならないのは、毛抜きです。
毛抜きによるヒゲ脱毛は家庭で出来るという手軽さから多くの人がやっていますが、毛抜きによる脱毛はヒゲの状態が最悪になってしまいます。
毛抜きによるヒゲの脱毛を続けていると、毛穴が曲がることからヒゲがまっすぐに生えなくなるのです。毛穴が曲がることでヒゲの先端が皮膚の下にもぐるようになり、皮膚の下に埋もれてしまいます。そうして毛穴が広がることでにきびができやすくなり、肌にはいいことは何もありません。

毎日剃る場合も肌を痛めてしまいやすく、口周りのヒゲの毛穴ににきびができやすくなるので、気をつけましょう。

ヒゲが濃い人で肌にトラブルを抱えている人は少なくなく、肌のトラブルを解消しながら、ヒゲ脱毛をしていかないと綺麗な肌にはならないのです。それから永久脱毛も、ヒゲ脱毛として注意が必要です。よくレーザー脱毛の広告で見られるのですが、一緒に永久脱毛と書いてあったりします。ヒゲ脱毛をレーザーで行う場合は、永久脱毛と書いてあっても本当に永久ではありません。レーザーを照射するとヒゲは仮死状態になるだけで、毛根が破壊されてしまうわけではないため、数年経つと毛根が再び生き返るというわけです。

レーザーで脱毛を行い、数年生えることがなければ永久脱毛といってもいいということが美容業界での約束事なので、それを知っておきましょう。


関連エントリー

ヒゲ脱毛のエステサロン選び   ヒゲ脱毛の注意点   ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛と針脱毛