TOP >  ヒゲ脱毛

                        

ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛と針脱毛

ヒゲ脱毛にはいくつか種類がありますが、そのひとつにレーザー脱毛があります。
レーザー脱毛は、皮膚の上からレーザーを照射して、毛の根元にある毛根を破壊する脱毛方法です。毛根のメラニンにレーザーが当たると熱が発生して、毛根を燃やすというイメージです。
胸毛などの体の脱毛、ヒゲの薄い方の脱毛にはレーザー脱毛をお勧めします。

ヒゲが太くて濃く、密集して生えている場合、レーザー脱毛は行わないほうがいいでしょう。濃い太いヒゲが密集しているところにレーザー脱毛をするためには、毛根が破壊されるまで強いレーザーを照射しなければならなくなり、神経が集中している口周りには熱さのため痛みが伴い、最悪な場合やけどをしてしまうからです。

レーザーによるヒゲ脱毛では、広い範囲のヒゲを脱毛可能で、そのまま毛が薄くなることができるというところがそのメリットといえます。
レーザー脱毛のデメリットは、1回では脱毛をする事が出来ず、永久脱毛も出来ないところです。

またほかに針脱毛という方法があり、これは電気の流れる針を直接毛穴に入れることで毛根を破壊してしまい、2度とヒゲが生えないようにする方法です。ヒゲが太くて濃く密集している方に、ヒゲの針脱毛はお勧めです。
針脱毛は1本ずつ脱毛するため痛みがあまりなく、永久脱毛ができるところがメリットです。
ヒゲの針脱毛のデメリットは、1本ずつしか脱毛出来ないので時間がかかる事です。


関連エントリー

ヒゲ脱毛のエステサロン選び   ヒゲ脱毛の注意点   ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛と針脱毛