TOP >  皮膚科の脱毛

                                  

スポンサードリンク

    

皮膚科の脱毛で使用されるダイオードレーザーとは

皮膚科での脱毛には、大きく分けて二つの医療レーザーを目的や状況に合わせて使用されていることが殆どのようです。皮膚科での脱毛で使用されているのはアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーの二つの医療レーザーです。

ダイオードレーザーは日本の厚生労働省に当たる米国食品医薬局のFDAから、永久的な減耗可能機械として認可を受けている機器です。皮膚科での脱毛には必ずと言っていい程、このダイオードレーザーが使用されています。

ダイオードレーザーは、肌のメラニン色素に接触すると光から熱のエネルギーへと変化し、毛根部分にエネルギーが蓄積されていきます。ある程度エネルギーが溜ると毛根を熱破壊する働きをするのが特徴です。

施術が難しいとされる、色黒の方でも対処できるのがこのダイオードレーザーです。色黒の方全員が施術できるとは言えませんが、多少の色黒の方であれば対応出来る様です。この場合、放射時間の設定を延長する等、人によって違った放射方法が取られます。

また放射時間が長いと火傷を心配する方もいますが、ダイオードレーザーは冷却装置が付いていて肌を的確に冷やしながらの施術となっていますので、肌へのトラブルの心配は殆どありません。

皮膚科での脱毛でダイオードレーザーと同様に使用されているアレキサンドライトレーザーも冷却ガスの噴射と放射を殆ど同じタイミングで行なえる特長があり、肌トラブルの原因にもなる火傷を最大限に抑える事が可能です。


関連エントリー

皮膚科での脱毛の料金は様々   皮膚科での脱毛は今大人気   皮膚科の脱毛で使用されるダイオードレーザーとは   皮膚科での脱毛のメリットとは   皮膚科での脱毛で注意すること   皮膚科での脱毛に適応しない方とは   皮膚科とエステでの脱毛の違いとは   皮膚科での脱毛に使用する医療レーザーとは   皮膚科の脱毛ってどんな感じ   皮膚科での脱毛とは