TOP >  脇毛

                        

スポンサードリンク

              

自分でできる脇毛の脱毛方法

家での脱毛方法を考えた場合、脇の下の手入れには幾つかの方法があります。

最も多くの人が行っている脱毛処理は、かみそりやシェーバーを用いて脇毛をそり落とすという方法です。
かみそりやシェーバーなら、広い範囲を手軽に脱毛ができ、テクニックが必要ありません。

脚や腕の脱毛ならかみそりでも可能ですが、脇毛は太く濃い毛なので注意が必要です。
自分で脇毛を剃った場合、皮膚に埋もれた部分が逆に目立つようになることもあります。
これは毛の断面が太く見えているためで、脇は難しい部位といえます。

比較的きれいに脱毛処理をする方法としては、毛抜きがあります。
これなら皮膚に毛が埋もれて残ることはありません。

自宅で可能な脇の毛の処理としては、脇毛を脱色し目立たなくするものや、脱毛シートやクリームで毛を溶かすというものもあります。
しかし、自宅での手軽な脱毛を試みる場合、肌を痛めてしまう危険性は避けられません。
毛根という部分で毛は作られており、この毛根がある限り剃っても抜いてもまた毛が再生されるのです。
あまり頻繁に脱毛処理を繰り返すと、皮膚に刃物が当たってカミソリ負けが起きたり、肌荒れや湿疹の原因になりがちです。

脇毛はでるだけ処理したい部位ではありますが、かといって肌が荒れてしまってはどうしようもありません。
対策としては、脱毛処理後は敏感な状態になっている肌にスキンケアを正しく行い、肌への負担を最低限に留めるようにすることです。


関連エントリー

自分でできる脇毛の脱毛方法   脇毛の脱毛が必要な理由