TOP >  永久脱毛

             

スポンサードリンク

                        

永久脱毛の仕組みについて

どんな方法で永久脱毛とは施術するものなのでしょうか。

毛は毛根と呼ばれる皮膚に埋まった部分で作られています。
皮膚から出た毛だけをかみそりや毛抜きで除去しても、毛根そのままなので毛は作られ続けます。

永久脱毛をするには、毛を作る毛根レベルで対処しなければなりません。

かみそりを常用し皮膚から毛が出てくる度に剃るという方法もありますが、皮膚を薄く削ることにもなるので負担は避けられません。
肌への負担を減らしながら毛の再生を防ぐには、毛根で毛が作られないように処理すればいいわけです。
毛根を破壊して毛の再生機能を停止させてしまう方法を永久脱毛といいます。

レーザーの照射は皮膚や体に安全なものを使っていますので、レーザー永久脱毛は低リスクで安全に受けることができます。
永久脱毛に用いるレーザー光は赤外線の一種であり、熱さや火傷の心配はありません。
レーザーの跡が残るリスクや皮膚ガンの心配もありませんので、安心して受けることができます。
ただし、軽度の赤みが脱毛処理後2〜3日ほど続く可能性はあります。
しかし、その場合でも赤みは数日でおさまります。

レーザー脱毛処理ができない人は、光にアレルギーがある人や、光感受性のある薬を使用している人です。
また、色素班などがある人や日焼けのひどい人は向いていません。

それらの問題がなれば、安全にレーザー脱毛を受けることができます。


関連エントリー

肌に負担をかけない脇の永久脱毛   永久脱毛が可能な部位   永久脱毛の仕組みについて   永久脱毛のサロン選びのポイント