TOP >  脱毛剤の種類

                  

スポンサードリンク

                   

脱毛ワックスと脱毛テープ

脱毛ワックスは、暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がし、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤で、脱毛剤の一種になります。

広い範囲の足や腕などの毛を一度に抜き取ることができるワックスは、脱毛クリームと違って毛根から抜くことができます。
しっかり生えている毛や、2ミリぐらいのある程度の長さのある毛を一気に脱毛するのに向いているのが脱毛ワックスです。

脱毛ワックスで脱毛した場合は、毛根部まで抜いたわけではありません。
ですからしばらくするとまた生えてきます。
皮膚の再生が早い人の場合、埋没毛になることや、肌表面が鳥肌状になることもあります。

脱毛テープを使用する際は、脱毛テープを剥がすと強い痛みを伴うことがありますが、感覚には個人差があるでしょう。
慣れてくるとほとんど感じないくらいの痛みになります。
いつまでも人によっては痛みに慣れないことがあることが、脱毛テープの場合はあるかもしれません。
毛抜きを使った時のように、脱毛テープを使用した後肌が赤くなることもありますので注意が必要です。
皮膚を傷つけてしまうことが剥がす時にあるかもしれません。
そうするとかぶれたり、腫れたりする可能性もあります。

数ある脱毛剤の中では、薬品を全く使わない脱毛ワックスも販売されています。
肌の弱い人、脱毛の際に薬品かぶれを起こしてしまう人は、まずこちらを使ってみるといいかもしれません。


関連エントリー

男性用の脱毛剤   脱毛ワックスと脱毛テープ   脱毛クリームは人気のある脱毛剤   脱毛剤の目的と種類