TOP >  断食ダイエットについて

スポンサードリンク

断食によるダイエット

絶食断食とは、食を断つというその単語からわかるように、食事を一切取らず、何も食べない状態のことです。

一定期間食事を摂らず、その間は生命維持のために水を飲む場合もあります。


世界には、宗教的な理由で行うという断食もあります。例えば、イスラム教ではラマダンの期間は、日が出ているうちは断食します。

キリスト教やユダヤ教、仏教など、さまざまな宗教でもこの行為は見られますが、ダイエットが目的ではありません。

断食を数日間続けることによって五感が敏感になり、精神が研ぎ澄まされるといい、宗教的な思想を模索するためや苦行のためなどで断食します。


断食による五感の鋭敏化などを追求しているのかもしれませんが、食事は人間が生きるために必要な行為で、それを断つことは良いこととは言い難いかもしれません。
命の危険を伴ってまで、断食という行為に及ぶメリットはあるのでしょうか。
本来は三度の食事をバランスよく摂るのが体にとって一番良い方法です。


断食をすると、人間の体は食料の供給が止まったと判断し、体内に蓄積されている栄養を消費します。
エネルギー不足と判断された身体は、体組織から栄養を引き出すことで生き延びます。

断食はこのような生命活動を利用して行います。体への負荷が強い方法なので、注意をして行いましょう。

関連エントリー

断食ダイエットの効果   断食によるダイエット  

スポンサードリンク

お気に入りに追加

スポンサードリンク

検索