スポンサードリンク

断食ダイエットについて

断食ダイエット、危険な名前ですが、気をつければ大丈夫です!気軽に始めることができるのでしてみませんか?

断食ダイエット最新記事

家庭でもできる断食ダイエット

72時間以上に渡って食を断つ断食は、本断食と呼ばれます。
本断食を行うには、指導者のいる施設で安全に行うことが必要となりますので家庭では行わない方がいいでしょう。


自宅で断食をする時の安全な時間は、せいぜい半日程度です。
家庭でまる一日食事を絶つことはできなくはありませんが、危険度が高いのでお勧めできません。


夕食を摂った後、翌日の昼食まで一切の栄養を摂らないという半日断食ダイエットというものがあります。
断食時間の間は水以外の一切のものを口にすることはできません。
18時間以上の断食タイムを設けるという手法になります。
動きづめだった胃腸に休憩を与えましょう。

老廃物を積極的に出すために、朝は食事を食べずとも最低でも500ccの水を摂ることがポイントです。
便秘はダイエットの大敵ですから、こまめに水分補給をして、1日に2リットルは体内に取り入れましょう。


断食ダイエットで、せっかく朝食を抜いたのに、昼食夕食共に食べ過ぎては、ダイエットに効果が持てません。
食事量のコントロールはあらゆるダイエットの基本ですから、ほどほどでやめておきましょう。

朝食に何も食べないことがキツイと感じる人は、食事の量を調節するところからはじめてみてください。
朝食を野菜ジュースに変えるなど、最低限のストレスで食事量を減らせるような工夫をしましょう。

断食ダイエットを始めることでこれまでの食習慣を一旦見直し、ダイエット効果だけでなく健康や健全な精神を得るため、あまり考えすぎずに取りかかってみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

お気に入りに追加

スポンサードリンク

検索