TOP >  イオン導入法

スポンサードリンク

イオン導入法 とは

イオン導入法 のページにご訪問ありがとうございます。ココでは美肌についての情報をお届けしています。

2〜3週間に一度のケアが肌にとって一番いい状態が維持されると考えられています。しかしながら食事やサプリメントで積極的にビタミンCを摂ってもビタミンC成分を含んだ化粧品を使用しても、残念ながら肌には効果がないことも分かっています。そして電圧差によってビタミンCを皮膚の中に浸透させる方法です。1ヶ月に1回ないしは2回、定期的に繰り返し行うことで肌は徐々にキメが細かくなり、くすみやシワも改善されます。それが「イオン導入法」です。

これにより活性酸素を消滅させる・シミの予防・コラーゲンの新生促進などに有効なビタミンCを、単に外側からクリームなどにまぜて塗ったときの数十倍皮膚に浸透させることが出来ると言われています。紫外線が肌に当たると、体の組織を酸化させてしまう活性酵素が作られます。肌の状態を確実に改善することの出来るケミカルピーリングをした後は、古くなって老化した角質がすっきりと落とされているので、ビタミンCの吸収力が飛躍的にアップします。この活性酵素が、肌のキメやハリを保つために重要なコラーゲンやエラスチンの機能を破壊してしまうのです。エステティックサロンではもちろんのこと、自宅で手軽に行える器具も市販されています。

ビタミンCにはこの抗酸化作用に加えて、メラニンの生産を抑える作用もあり、しわだけでなく、シミやくすみに対しての効果も期待されます。活性酸素に対抗するには、抗酸化作用のあるビタミンCの摂取が大いに有効とされています。しかしながら「ケミカルピーリング」には、思うように効果が上がらい可能性もある・費用がかさむ・副作用としてすりむいたように肌の赤みが残る・乾燥肌になるなどのデメリットがある点も理解しておく必要があります。イオン導入法は副作用の心配もなく安全な美容法の一つです。しかし長年の研究によって、ビタミンCを肌に効果的にもたらすことの出来る方法が開発されました。

自宅で毎日のように市販器具を用いることも出来ますが、頻度が多いと肌にとって有用な成分まで流失してしまう可能性も増加します。ケミカルピーリングとは、別名フルーツ酸ともいわれるグリコール酸や乳酸、サリチル酸などを肌に塗り、肌の表面の角質を剥離させます。「イオン導入法」とは、ビタミンC誘導体を含んだアミノ酸の模を肌にはり、弱い電極をかけてビタミンCをイオン化させます。この「イオン導入法」の効果をさらに高めるためには「ケミカルピーリング」との組み合わせがお勧めです。紫外線による肌へのダメージが、シワの出来る大きな要因となることは周知の事実です。


イオン導入法 の関連サイト・ブログを紹介します。

秘密の化粧品: 第104号 お肌にビビビ!?『イオン ...
第104号 お肌にビビビ!?『イオン導入法』の秘密<後編> 美肌 食品 美肌 効果
http://himitsu-cosme.com/archives/2007/07/

narcohm.com
フッ素 イオン 導入 法 に よる 象牙質 微細 構造 漢方 美肌 美肌 方法
http://narcohm.com/pdf/

気相金属イオン導入法
気相金属イオン導入法 【技術分類】 3?B 有効波長領域とその拡大 【技術の名称】 3?B?3 気相金属イオン導入法 美肌 毛穴 美肌 秘訣
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/

【楽天市場】ビタリオン(プロ仕様イオン導入器 ...
イオン導入法とは? ハリのあるプルプル肌を作るコラーゲンの生成や、シミや日焼けの原因であるメラニンを抑える働きのビタミンCですが、通常、塗布するだけでは人間の皮膚にあるバリアゾーンに邪魔され皮膚深部にまで浸透していません 美肌 コラーゲン 美肌 方法
http://www.rakuten.co.jp/royal3000/541978/541981/

奈良 ビタミン導入 美肌治療 -皮膚科大野クリニック ...
これらのビタミンを最も効率よく肌に届ける方法は、肌に直接浸透させることです。ところが、ビタミンは単純に塗布してもあまり浸透しません。 ビタミン導入とは、これらのビタミンを超音波導入法やイオン導入法といった手法を用いてより多く肌に浸透 ... 美肌 つぼ 韓国 美肌
http://www.hifu-oh33.com/

関連エントリー

イオン導入法 を詳しく話すと   イオン導入法 に関して   イオン導入法 を詳しく話すと   イオン導入法 について   イオン導入法 とは   イオン導入法 を詳しく話すと   イオン導入法 とは   イオン導入法 の情報は   イオン導入法 を詳しく話すと   イオン導入法 は、これです。