TOP >  朝2分ダイエットについて

スポンサードリンク

朝2分ダイエットの方法

朝2分ダイエットの方法は、胸と背中の筋肉をバランス良く伸ばす為の2種類の伸びをします。
大事なポイントは、深い深呼吸と共にぎりぎりまで体を伸ばし、その後全身の力を抜くことです。

初めにするのが、胸を開くための深呼吸です。
深呼吸をする時は、布団に寝たままの姿勢で、体はまっすぐ仰向けにになります。
手は頭上で組み、足までピンと伸ばして、鼻からゆっくりと大きく息を吸い込みます。
この時、手のひらが上になるようにしてください。
この動作は、骨盤を整えるためのものです。


足の指先が天井を向くように直角を保ち、足を水平に保ちます。
足首を反らす時、特に小指を強く反らせましょう。
ギリギリまで息を吸ってから、鼻か口から「ハッ」と息を吐き出しながら全身の力を抜きます。
胸を開く深呼吸を終わらせてから、背中を開くための呼吸を行います。

背中を開く深呼吸では、あおむけで頭上に手を組むさっきの姿勢から、手のひらを下にして手を組む姿勢に変えます。
そのままの状態で、体を伸ばしながら深呼吸をします。
上下に引っ張られているような感覚で、足首は天井に平行になるようピンと伸ばして力を入れます。
息を吸いきれなくなるまで深呼吸をしたところで一旦息を止め、一気に息を吐ききって脱力します。


この『胸をひらく深呼吸』と『背中をひらく深呼吸』を、朝起きてすぐに布団の中で3セットずつ繰り返します。
その後うつぶせになり、ゆっくりと起き上がります。
また、骨盤を締まりやすくするには、最後に起きる時に腹筋に力を入れて一息に起きないことです。

そうっとうつぶせになり、ゆっくりとした一定の動作で起きるようにしましょう。

関連エントリー

朝2分ダイエットでやせる理由   朝2分ダイエットの方法  

スポンサードリンク